看護師の転職について

 

看護師の転職は「売り手市場」であるといわれています。看護師を採用したい病院は数多あり、求人に応募する看護師は、足りない状況が続いています。そもそも、看護師不足がなぜ起こるのかというと、2006年に診療報酬改定が行われ、多くの病院が「7:1看護」を導入したことがきっかけ、という見方があります。日勤帯の受け持ち患者数を、看護師1人あたり7人以内にする、ということです。それまで、「10:1看護」を主に採用していた病院が、こぞって看護師を採用しようとし、そのために看護師不足が起こっています。

 

ただ「見せ掛け上だけでも7:1看護」を実現しようとすれば、現に働いている看護師をフル稼働させざるを得ない、という現状があります。超過勤務や残業は当たり前、年休もうまく取れない、という職場がたくさんあります。そうすると、看護師を続けることが難しくなる人も現れ、離職せざるを得ない人がいます。また「探せば、もう少し楽な労働環境が得られる」という現状がありますので、看護師の転職は頻繁に起こっています。

 

看護師にとっての「売り手市場」、看護師不足がいつまで続くのかというと、十年といった単位で続いてしまうだろうという意見もあります。看護師にも家庭があったり、プライベートがあったりしますので、フルタイム・正職員としての勤務が難しくなるかもしれません。離職者が出ると、現に働いている人の負担が重くなりますので、ますます離職者が出てしまう、という傾向がしばらくは、続いてしまうことでしょう。

 

 

関連サイト

 

転職サイトおすすめは?私の本音口コミ大公開!【評判&人気ランキング】
転職サイト体験談を公開。転職で一度失敗している管理人の口コミだからこそリアルで参考になると思います。絶対に失敗したくない人は参考になるはずですよ☆
tenshokusite.sakura.ne.jp/